1. ホーム
  2. 企業主導型保育園

企業主導型保育園

企業主導型保育園とは

企業主導型保育園とは

こころエールは内閣府の企業主導型保育事業による保育園です。

企業主導型保育園とは、内閣府が中心となり平成28年度からスタートした制度で、認可外保育施設に位置づけられています。 一言で表現すると「会社がつくる保育園」で、企業のニーズに応じた柔軟な設置・運営を支援する制度です。
企業主導型保育園を開園するには、国が定めた認可保育園並みの厳正な基準を満たす必要があります。 企業(会社)のニーズ応じた保育園を企業が設置・運営を行い、それを国がサポートします。

地域の保護者様の多様な働き方に対応した保育サービス拡大を企業が主導して提供し、仕事と子育てを両立していくことを目的として内閣府が始めた取り組みです。

企業主導型保育の特徴

保護者の働き方に応じた保育サービスを提供

保護者の働き方に応じた保育サービスを提供

休日の勤務や時間交代制など、会社によって従業員の働き方は多用です。企業主導型保育ではそのような様々な就労規則に応じた保育サービスを提供できます。
また、提携企業の従業員だけでなく地域住民の子どもも受け入れることも可能です。
認可保育園とは違い地域の括りが無いため、市外に住んでいても職場近くの保育園に預けることがで、送迎だけでなく通勤にも大変便利です。

自治体の「保育の必要性」の認定(保育認定)が不要

自治体の「保育の必要性」の認定(保育認定)が不要

「フルタイムで働いていないので保育園に入れるのが難しい」
「保育園に入れていないため、就職ができない」
「希望の保育園に入れることができなかった」
などは待機児童の多い地域でよく聞かれる悩みです。
認可保育園では、住んでいる自治体の「保育の必要性」の認定(保育認定)が必要となり、短時間勤務などの場合で保育認定を受けられない場合には利用ができません。しかし、企業主導型保育は企業と利用者での直接契約になるため、保育認定がない保護者でも利用することができます。

利用料金は認可保育所並み

利用料金は認可保育所並み

企業主導型保育園は運営している企業に国から助成が受けられます。
そのため利用料金は認可施設と同じくらいか、それ以下で運営することができるのです。
認可施設並の保育サービスを企業主導型保育園では、適正な料金で受けることが可能になっています。

職員数や設備には一定の基準を設定

職員数や設備には一定の基準を設定

企業主導型保育園の開園には国が定めた認可保育園並の厳正な基準をクリアしなければ認められません。
つまり、当園のように基準を満たした保育園は、施設設備や国家資格を持つ職員の数をきちんと整備しております。

無料説明・施設見学随時受付中!

保護者向け無料説明・施設見学を随時受付中です。
お気軽にお問い合わせください。

TEL:0564-64-7714

受付時間 9:00~17:00(月~土)

このページのトップへ